占いに対する男女の考え方を突き詰めていきこれからの考え方を改めてみる

女性は占い好きとよく言われますよね。確かに、テレビの毎朝の情報番組の占いコーナーをチェックしてからでないと学校や仕事に行かないという女性はたくさんいるようです。また、「今週の占い」などのコーナーは女性週刊誌に欠かせません。昔、ある女性週刊誌が占いコーナーを削除したせいで売り上げ部数が減少し、慌てて復活させたら売り上げも元に戻ったという話もあるほどです。

男性向けの週刊誌ではそんなことはありません。占い師の元に出掛けて占ってもらう率も、女性の方が断然多いようです。占いを信じる信じないは別として、占いというもの自体に関心の高いのは女性のほうであるとはいえるでしょう。しかし占いを行なうもともとの目的は、国の統治や戦争の結果や方法を判断するためのものでした。

したがって、本来占いは男性がその重要性を求めていたということになるわけです。そして、今でも企業の社長や政治家でさえ、重大な決断を下す前には占い師に相談するケースも少なくないといいます。言ってみれば、現在女性が占いに求めるのは楽しみであり、男性は自分の人生を左右する事項であるといえるのかもしれません。

占いに対する男女の考え方を突き詰めていきこれからの考え方を改めてみる

占いは将来を予見するということです。つまり、占いが当たるというのはその運命が決定していたからそれを予知したということになります。すでに決められた運命は、変えることはできないといえるのかもしれません。男性の方が占いを信じない割合が多いのは、すでに自分の運命が決定してるという「事実」を受け入れたくない、将来を自分自身でコントロールできないということへの抵抗があるからなのではないでしょうか。

とはいえ本当に運命というものが存在して、それは生まれたときから決まっているのかはわかりませんが…。

◆もしかして・・・あなた・・・占い師になろうなんて考えていませんか?
占い師になるには資格や学歴、経験などはまったく必要ありません。「私は占い師です」と宣言した時から、あなたは占い師なのです。とはいえ、知識などもないまま占い師を名乗っても、誰も占ってもらおうと思うわけはありませんよね。占い師になるためには、一般的に3つの方法があります。

ひとつ目が、有名な占い師に弟子入りする方法です。次に、占いの本などを買って独学で勉強するやり方です。3つ目が、占いの学校に通う方法です。どれがいいかは個人の考え方がありますから一概に言えませんが、本格的に占いの技術を身に付けたい、占い師になりたいと思うなら、やはり有名な占い師に弟子入りするのがいいでしょう。

ただし、修行は厳しいものがあります。占いの学校に通えば占いの基礎から考え方、その展開方法などについて学べますし、周りに同じ志を持つ人がいるので励みになります。さらには、過程終了後も占い師としてやっていく場合のサポートなどが期待できるでしょう。

医療事務などの資格は資格を持つライバルも多いのですが、占い師はそうでもなく、「占いが当たる」となると需要はさらに高まるのでオススメです。独学で勉強するのは最も取り掛かりやすく、手軽に始めることができるのがメリットでしょう。特殊な占いは無理としても、一般的なものならやり方を一つ一つコツコツと覚えていくのが基本です。

独学で勉強するのに向いているのは、タロット占いや占星術、四柱推命、姓名判断などが挙げられます。独学の場合には、地道に学ぶという姿勢を保つことが重要です。勉強はいくらしてもキリがありませんし、ひとりでコツコツと継続するのはなかなか難しいことです。

参照資料★当たる 占い師 http://denwa-hyouban.com/PAGE/INDEX/P/ATARUURANAI/

いかに自分のモチベーションを保つことができるかが重要となるでしょう。占いサイトで迷っている方はこちらのサイトをご参考下さい。